« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010/08/05

廊下にて⑥

用務員さんと校長先生イン用務員室。

「しかしどうしたんだ?こんな朝っぱらから。」
用務員さんは底のあたりが黒焦げのやかん(たぶん元は赤色)にコップで2杯、水をジャアジャア入れてストーブにかけました。
「朝っぱら?もう昼だぜ。」
「んん?そうか?まあ何でもいいだろ、明るいから朝か昼だ。夜ではないな。」
用務員さんは手を拭いたふきんをテーブルに置いて自分も腰掛けました。校長先生は用務員さんのロッキンチェアに腰掛けてギチギチと揺らしてキョロキョロしています。
「あれ?ハインツ、あの時計まだ生きてたんだ?懐かしいな。」
テレビの上の文字盤のガラスが曇った古い置時計を見て言った。
「ああ、あれね、とっくに死んでるよ。」
よく見ると時計は止まっていました。用務員さんはテーブルに伏せて置いてあるカップをひっくり返して、『フッフッ』と(2つだから2回)埃を吹きました。
「用務員てのはのんきな仕事だな。しかも俺が知ってる用務員の中ではお前が一番のんきだ。」
用務員さんはよいしょと立ち上がると、置き時計を手にとってこちらも『フッ』と吹きました。
「のんきに一番も二番もあるかよ。お前だって俺の知ってる校長の中で一番…、いや、いいや。」
用務員さんは時計の背中にあるゼンマイをギコギコギコと巻きましたが針は動きません。
「ほら、な。」
「んー、人間も機械も古くなると駄目だな。」
「機械は直るさ。ハゲは治んないぜ。」
「ハゲハゲってうるせーな。」
用務員さんはやかんのお湯をティーサーバーに入れました。紅茶の良い匂いが部屋に広がります。

「ところで、何かあったのか?」
「おう、おう、そうだ、穴の事だ。廊下の。あれ、お前、どうするんだ?埋めるのか?」
「んんー、いや、迷ってる。」
「埋めないのか?」
「埋めなきゃならないだろうけど…。」
と用務員さんはカップの底の茶葉を見ながら、夕べの夢に出てきたモグラの事を思い浮かべて言いました。
「いやハインツ、実は、埋めないで欲しいんだ。」
用務員さんはハッとして顔を上げました。
「…もしかして…あな丸か?」
「あな丸?」
「モグラの。」
「モグラ?何だそれ?」
「…違うのか。」
ガッカリ。
「でも埋めないでどうするんだ?」
「埋蔵金だ。」
「埋蔵金?」
「昔な、テレビ局が来たことがあってな。思い出したんだ。」
「テレビ局?杜王放送か?」
「違うよ、あんなローカル局じゃない。首都テレビだ。」
「へぇ。埋蔵金ねぇ。」
「校舎を壊して地面を掘らしてくれっていうからさ、断ったんだ。」
「ふうん。で?」
「あの穴から掘る。」
「埋蔵金を?やめとけって。出るわけないよ。」
「いや、俺は掘るぜ。止めたって無駄だぜ。」
校長先生はズズーと紅茶を飲み干すと、カチンとカップを置いて出ていきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »