« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月

2010/03/30

DRAGONS-MANSION

Dragonsmansion_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/28

RUN AWAY

Run_away

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/03/20

19.ストニカボンド・スタジアム

Photo_3

続きを読む "19.ストニカボンド・スタジアム"

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/08

廊下にて②

用務員さんが猫車を押してやってきた。早速コードリール降ろすと、コードをカラカラと引きだして電源の差し込み口を探している。
廊下に残っていた5年生の先生が、猫車の中を覗き込んで驚いた。道路工事で使うような本格的な掘削機があったからだ。

5「え?これ使うんですか?」
振り向くと用務員さんはそこにはおらず、ずっと遠くの電源にコードを差したところだった。
歩いて戻ってきた用務員さんに先生はもう一度言った。
5「まだ授業中なので、これはまずいんじゃ…?」
「え?」
5「だって、これってすごい音しますよね?ダダダダーって。」
「そうですね。ダダダダーっていうよりダララララーですけどね。」
5「(…一緒だろ?ツバ飛んでるし。)」
用務員さんは猫車の中をゴソゴソして、じゃあこれでと言った。取り出したのは『取扱注意』『火気厳禁』と刻印のされた木箱。
5「…これは火薬ですよね。」
「そうです。」
5「もっとダメじゃないですか。」
「ハハハ、冗談ですよ。」
用務員さんはそう笑って先生の腕をポンと叩くと、今度はズボンのポケットから果物ナイフを取り出した。永いこと愛用しているのだろう。木でできた持ち手が飴色になっている。
5「(…あんな小さなナイフで…?この人に任せて大丈夫かな?)」
用務員さんはこんもり盛り上がった床のところにしゃがみ込むと、ナイフを巧みに動かしている。後ろからではよく見えないので、先生が体をよじって覗き見た。
5「!?」
用務員さんの手元では、リンゴの皮を剥くように廊下の床が剥かれていたのだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/03/05

廊下にて①

体育館に向かう廊下で、5年生の先生と6年生の先生が神妙な顔つきで話をしている。二人の間には大きな赤いパイロンが置いてある。

6「その児童は?」
5「保健係の子が保健室に連れていきました。歩いて行ったようなので大丈夫みたいです。」
6「よかった。怪我も怖いですけど、あとは親ですよね。」
5「ええ、さっき担任の先生には伝えました。すぐ連絡したそうです。」
6「それなら良かった。」


5限目開始のチャイムが鳴り始めた。体操着を着た低学年の児童が二人、先生たちの脇を小走りで通りぬけた。
5「あ!こら!廊下走っちゃダメだぞ!」
「ほら!イオット!怒られた!」
「えー!だってポエタだって走ってるじゃんか!」
怒られた二人は渡り廊下まで早歩きをして体育館に入って行った。

6「さて、これどうしましょうね?」
6年生の先生がパイロンを持ち上げた。パイロンのあった床はこんもりと盛り上がっている。何か下から持ち上げられているようだ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »