« CLEANING TIME | トップページ | TWELVE PIECES »

2010/01/29

ある刑事の手記

白熊(?)が店に押し入ったとの通報を受け現場に急行。杜王町旭丘堤1丁目。ささき肉店の店主(74)に聴取。

―押し入った当時の状況
白熊が店内に入って来た時間は夕方5時~5時半。白熊は肉のガラスケースの前を行き来した後、アザラシ肉の塊を指差した。(肉球はピンク、意外な情報。)店主がアザラシ肉の塊をカウンターに置くと、白熊はそれを奪って店から出たという。
帰り際に茶封筒を残している。
店主に怪我はなし。

―どんな容姿だったか
真っ白な毛に覆われた巨大な動物。二足歩行。新巻鮭1本を所持。鼻は黒。シャンプーの良い匂い?←関係ないかも
店内に入った時、入り口に頭がぶつかった。∴上背は230センチ以上か。(入り口の高さは220センチ)

―茶封筒について
中にはお金(¥2215)が入っていたがアザラシ肉は推定2kg(¥8400相当)あり、お金が足りないとの事。強盗事件として捜査する。
封筒の表面には『給与』と書かれている。

目撃者がいない為、これ以上の聴き込みは難しい。店主も高齢の為記憶が曖昧。今朝何を食べたかもうろ覚え。一応、防犯カメラの映像と現場に残された封筒を鑑識にまわす。
ジゼ来週退院。
ケルナシ次節スタメン。
肉球については背骨山動物園に確認。

以上


|

« CLEANING TIME | トップページ | TWELVE PIECES »

こばなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148039/33168513

この記事へのトラックバック一覧です: ある刑事の手記:

« CLEANING TIME | トップページ | TWELVE PIECES »