« IT'S A FINE DAY | トップページ | THE KIDS ARE ALRIGHT »

2009/09/01

12と1/2.こないだのお昼休み

小学校の校庭の花壇は色とりどりの花が咲いています。赤や黄色や鮮やかな青い花、背丈の高いヒマワリのようなモノも。
そんな賑やかな花壇の隅に土がむき出しのスペースがありました。用務員さんはその前にうなだれてしゃがみ込んでいます。
「やっぱりダメか…。」

「あー!」
イオットが蹴ったボールは鉄棒を飛び越え、用務員さんのすぐそばにあった猫車にぶつかりました。猫車はバランスを崩してゆっくりと倒れました。
『ガシャー!ガラガラ!』
載せてあったスコップやクマデや束ねてある麻縄やなんかが、かわいた地面の上に散らばりました。
「ごめんなさい!」
用務員さんは立ち上がって、走ってくる男の子に言いました。
「大丈夫だよ。」
ボールは花壇の奥の方に飛んでいって見えなくなりました。
2人は一緒に猫車を起こして散らばった物を片付けました。
「すいませんでした。」
「いやいや、いいんだ。ここに置いてあったのがいけないんだ。」
イオットは用務員さんの後ろの花壇を見て聞きました。
「あのー、そこって、何か植えたの?」
用務員さんはイオットの言った『そこ』を一度見て、答えました。
「今年もダメみたいだ。芽も出ない。」
「ふぅーん。」
「難しい植物なんだ。一度も育った事がなくて。…よっと。」
用務員さんは花壇を飛び越えました。
「他はいっぱい咲いてるのにね。」
「あった。ほら。投げるよ。」
用務員さんはイオットの水色とピンクのボールを優しく山なりに投げました。
「ありがとう。」
「こないだまで使ってたボールと違うね?」
「ああ、ちょっとなくしちゃったの。」
「なくした?」
「んーとね、どこにあるかはわかるんだけど…。」
「?」
イオットは後ろを振り返りました。視線の先には校舎があります。
「誰かに盗られた?」
「ううん、屋上。」
「屋上か。」
「上に蹴ったら落ちてこなくなっちゃったの。」
「よし、じゃあ今から取りに行こうか。」
「本当に?!」
「うん、ちょっと鍵取ってくるよ。」
用務員さんはそう言うと猫車を押して校舎の方に歩いて行きました。

『キーンコーンカーン…』
「あ!鳴っちゃった。」
少し歩いた用務員さんが振り返って言いました。
「じゃあ今度さ、昼休みに用務員室においで。花壇にいなければそこにいるから。用務員室、わかるよね?」
「旧校舎。でもいったことない。」
「大丈夫、来たらすぐわかるよ。」
イオットはボールを抱えて昇降口にかけていきました。空は今にも雨が降りそうにどんよりとしていました。

   こちらから → 10.お昼休み 

|

« IT'S A FINE DAY | トップページ | THE KIDS ARE ALRIGHT »

おはなし」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1148039/31187276

この記事へのトラックバック一覧です: 12と1/2.こないだのお昼休み:

« IT'S A FINE DAY | トップページ | THE KIDS ARE ALRIGHT »