トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009/01/30

4.リケル食品(株)

1_3
2_2
3
4_2
5_2
6
7
8
9_2
10
1112
13
14_2
15
16_2
17
18
19
20
21
22
23_2
24_2
25_2
26
27
28
29
30
31
32
33

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/23

1と1/2.サンタクロースとポエタ

本当にサンタさんは来るのだろうか?残照灯に照らされた天井の木目模様がオバケに見えて怖いので、ポエタは布団を頭までかぶっている。
眠気で意識がモウロウとしてきた頃、家の前から『ドゥロロン、ドッドッドッ』というバイクのエンジンみたいな音が聞こえて止まった。直後、布団から出たポエタの頭の上を冷たい風がフワッと通り抜けた。
ポエタはハッとした!誰かいる!
(えーと、ポエタ…ポエタ…と、ソフビの恐竜か。)
どこから入ったのか、男は小さな声で独り言を言っている。布が擦れる音がした。袋から何か取り出しているようだ。
(…あった。ん、前足が短いな。)
枕元の靴下に押し込もうとするが、靴下が微妙に小さくてなかなかうまくいかない。
(くっ、この、しっぽ。くそ、入んねえ。)
(サンタさん?)
「ぅわ!?」
(シー!)
(ビックリしたー。何?何で起きてんの?)
(サンタさんなの?)
(…そうだよ。ビックリさせんなって。)
(…ホントにサンタさん?…ヒゲがない…ね。)
(ヒゲは課長職以上の、いや、何でもない。あぁ…困ったな、ポエタ、どうして起きてるんだ?)
若いサンタは自分のアゴを触りながら聞いた。
(僕ね、サンタさんにお願いしたいことがあって。)
(お願い?俺に?)
(うん、イオットのこと。)
(イオット…って?)
(お友達なんだけど、去年のプレゼントのことで。)
(イオット…イオット…、これから行く子かな?えと、今年はサッカーボールってなってるけど。)
サンタは分厚い台帳を開いて言った。
(あれ?でも去年のプレゼントもサッカーボールだったよ。)
(あ、やっぱり。じゃあ、サンタさん、去年間違えたんだよ。)
(…間違えた?…嘘?マジ?。)
(イオットのプレゼントね、ピンクと水色のボールだった。)
(!うわ!それその次の女の子のだわ。)
(すごいガッカリしてたよ。サンタさんなんて本当はいないんじゃないかって。)
(そうか…それで今年もサッカーボール…。あー、どうしよう。)
(僕の恐竜、イオットにあげていいよ。)
(いや、そういうのは駄目なんだ。サンタ法に違反するし、2つもらったからってサンタを信じることにはならないよね。)
(じゃあ、どうするの?)
(…どうしようか。)
(じゃあ、その帽子とか。)
(あ、ダメ。これ帽子じゃなくてヘルメットなんだ。ほら。)
(ホントだ。…じゃあ、サンタさん、ボールにサインしたら?)
(お、サインボールてこと?でも俺なんかのサインでいいの?)
(サンタさんのだからいいんだよ。証拠になるでしょ。)
(そうか。よし、じゃあそうしよう。ありがとう、ポエタ。)
サンタがポエタの方に向き直るとポエタはもう寝息をたてて眠っていた。

翌朝ポエタが目を覚ますと、頭に靴下をかぶった恐竜がこちらを向いて立っていた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

30インチ

どーも。ふかせゆーすけです。

先週買ったばかりのズボンが
今朝、やぶけた…。

かっこ良くなった。

Photo_10

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/01/20

1/2.イオットとレレ

「へー、クリスマスって、その何とかさんの誕生日なんだー?」
イオットは水色とピンクのボールをボンボンと手で地面に弾ませている。
「イオットって何もかも知らないのね?」
こちらはレレ。イオットとレレは家が同じ方向なので帰りはいつも一緒だ。
「じゃあイオット、サンタさんて誰か知ってる?」
「え?サンタさんはサンタさんでしょ?苗字は知らないけど。」
「ブブー!サンタさんはパパよ。」
「パパ?」
「そうよ。」
大通りの信号は赤で、車の往来が激しい。少し雪も降ってきた。
「レレのパパってサンタさんなの?」
「違うわよ。サンタさんってみんなのパパよ。」
「はあ?」
信号が青になった。イオットとレレは横断歩道の白いところからはみ出ないようにピョコピョコ歩き出した。
「レレ、さっきの、とこで、レレは、一回、死んだ、から、もう、落ちない、でね。ホッ、ホッ。」
「…うん。てか、私の、話、ちゃんと、聞いて、た?」
「聞いて、た、よ。よし、死ななかったから1アップね。レレもだよ。」
横断歩道を渡り終わると、2人は通常の歩き方に戻った。
「サンタさんて何人もいるってこと?」
「んんと、サンタさんはいないのよ。」
「え?いないの?だってみんなのパパがサンタさんなんでしょ?」
「そう、だからサンタさんはパパなの!」
「??…レレの?」
「あー!んもう!」

2人はしばらく黙って歩いた。レレはどう言えば自分の主張がイオットに伝わるのかを考えている。イオットの方は、心の中で歩いている歩数を数えるのに夢中。
沈黙を破ったのはイオット。
「そーだ、今日ポエタのママがクッキー焼いてくれるんだってー。レレも行く?」
レレは首を横に振るとため息をついた。
「…男の子ってみんなこうかしら…。」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/18

3.ショージとポエタ

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20_2
21
22
23
24
25
26_2
27
28
29
30
31
32_2
33
34

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/01/13

2.鍵っ子ポエタ

1_2
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21_2
22


23
24
25
26
27
28


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/01/10

20Q

20Q(トゥウェンティー・キュー)は、バンダイが商品化した人工知能玩具で、プレイヤーが思い浮かべた「何か」について、20問(ないし25問)の質問をする。プレイヤーが質問に答えることにより、20Qはそれが何であるかを推定する。筐体は、球を上下から押しつぶしたような形で、その大きさはおよそ7cm×7cm×5cmである。(Wikipedia)

おもしろそうなのでさっそくゲットしました。
『太陽』とか『電話』とかが当てられるのは何となくまだわかるけど、『ハイエナ』を当てられたのはスゴイというか、なんかショックでした。
オモチャもここまできたかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/01/06

1.クリスマスイヴのイオットとポエタ

1
2
34
5
6
7
8
910
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/01/05

2009

あけましておめでとうございます。

お正月は食っちゃ寝、くっちゃね。
炬燵の上の蜜柑がヒンヤリしている。
この感じがいいんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2009年2月 »